旅と写真と時々日常

旅を始め、日常で見られた綺麗な写真を貼っていきます。旅行やアウトドア、カメラ道具の紹介もしていきます。

パタゴニア旅行記:Perito Moreno Glacier 後編(Los Glaciares National Park Argentina)

本命のペリートモレノ氷河メインの記事になります。下手な文章で多くを語るよりも写真を見てもらう方がいいと思ってるので(っていつもそうか)、今回も文章よりも画像重視です。

 

_MG_1876

氷河の上をハイキングする人はこのように地面と接しているような場所から近くを歩きます。ですが、観光ではないのでここから数km先まで山を歩いてから入ります。

 

_MG_3820

_MG_3845

_MG_3815

ただ、僕らが今回来たルートにイスとか置いていたのでもしかしたら観光でも来るのかな。
氷河の端は結構砂利とかが積もってる部分もあるので、実は知らないうちに氷の上を歩いていたなんてことも。アイゼンは必須です。

 

_MG_3888

_MG_3947

_MG_3926

歩いても比較的安全なルートで中央部まで行きます。晴れていることもあって、PLフィルターが大活躍です。

 

_MG_3916

クレバス。このあたりは落ちても大したことないけど、酷いところではまじで助からない場所もあります。ハーネスとかは必須の装備です(ないと救出が難しいので)

 

_MG_3867

_MG_3847

_MG_3969

_MG_3942氷河の上を流れる川は当然のことながら済んでいます。クリオコナイトのような不純物もありますが、流れの強い場所なら大丈夫ですし(誰がこんな知識使うんだ??)、あと軟水で飲みやすいです。

 

_MG_3961

_MG_3976

氷河の裏側は突き出してるような形状の場所もあり、踏み外して・・・なんてこともありえます。いつどこが危険地帯なのかわからなくなって、まるで地雷原を進む感じです。

 

 

_MG_3979

_MG_2972

帰り際の夕暮れの氷河と別の日に撮った俯瞰写真。場所によって凹凸が激しいのが見てとれるかと思います。

 

 

_MG_3787

_MG_3805

朝焼けと夕焼けに撮った氷河。シャープな部分が照らされてかなりきれいです。ちなみに一切の編集を入れてない(撮る時にピクチャースタイルを設定しただけ)なのでほとんど見たまんまです。

 

_MG_1885

_MG_2023

流れ着いた氷塊と別の場所で氷塊を避けながら進む観光船。カービングで崩れるとこういった感じになります。

 

_MG_3921

氷河の上でも懲りずに連れてきました。氷の粒が大きく、転んだら結構痛いのも想像できるのではないでしょうか(言い訳)

 

9

8

アルゼンチンで見た南十字星とマゼラン星雲。このためだけにナノ・トラッカーを持参しました。それにしてもきれいな空だった、光害もなくて最高でした。

 

 

 

これで氷河の写真はすべて終了です。数千枚はくだらない写真からほんの一部見つけてきただけなので本当はもっとありますし、観光では撮れない写真もあります。

 

あとは帰国前のちょっとした観光の記事を書いて終わりになります。長かったああ。