旅と写真と時々日常

主にどっかに行った時の写真をメインに貼っていきます。旅と写真がメインで、道具類もちらほら書いてます。

スイスアルプス氷河紀行:氷河の影響を受けたレストラン(Unterer Grindelwald Glacier, Grindelwald)

一旦標高を下げてハイキングに向かいます。

 

_MG_6796

クライネシャイデックに泊まると観光客でごったがえす前のアイガーを楽しめます。1泊ぐらいはしてみるといいではないでしょうか。

 

_MG_6812

中央に見えるヘリは調査のためにいくらしい。落ちたらこれはやばい・・・。

 

_MG_6827

_MG_6862

_MG_6868

グリンデルワルドへとおります。来た路線とは反対方向になります。こっちの便はアイガーの真下から眺めることができるので進行方向右側がいいのではないでしょうか。

 

_MG_6876

_MG_6885

_MG_6891

街なみは非常に綺麗です。モンベルをはじめ登山ショップも充実してるあたり、お土産がてら買うのでしょうか(ステッカー買いました)。

 

_MG_6895

_MG_6899

ウンターグリンデルワルド氷河へはロープウェイで一旦あがり、1.5時間ほど歩きます。

 

_MG_6910

_MG_6935

ドイツ語・英語さえ読めれば看板の中身を知ることが出来ます。あと、砂利道を歩くので最低限の装備を持つことをおすすめします。スニーカーはだめ。

 

_MG_6936

_MG_6956

_MG_6957

ウンターグリンデルワルド氷河

氷河の後退で土砂崩れが起き、そのせいで近くにあったレストランは崩壊の危機にあったので移転を余儀なくされています。土砂が積もっていてわかりづらいですが、氷河は湖にまで達しています。

 

_MG_6968

水分補給(ゲス顔)。山でも地上でも値段が大した変わらないので遠慮なく頼みます。

 

_MG_7016

グリンデルワルドの街並み。氷河地形の谷間がよく見える場所でした。

 

_MG_7025

_MG_7038

観光鉄道ということもあり、窓が大きいのですが、この車両は開けることができませんでした。残念。

 

_MG_7045

ホテルの近くの牛。放牧されているのか、彼らは自由でした。

 

軽く氷河を見てきましたが、翌日からは氷河上で歩くことになります。それではまた。