旅と写真と時々日常

旅行から日常といった様々な写真を撮っています。ダンボーとねんどろ榛名がお供です。

スイスアルプス氷河紀行:氷河の街ローヌへ(Rhone Glacier, Swiss)前編

2日すごしたクライネシャイデックを離れ、氷河の上で実習するための場所へ向かいます。

 

_MG_7055

_MG_7053結局寝るためだけの部屋になっていますが、そこそこ快適に過ごせました。

 

_MG_7061

朝みると上から降りてくる列車が。観光客はいるんでしょうか?

 

_MG_7070

_MG_7073

おそらく上に荷物を運ぶためのもの。朝だとこういった景色も見れます。

 

_MG_7108

_MG_7111

クライネシャイデックからインタラーケンに戻り、Meiringenという街に向かいます。ここからPost Bas で氷河・3日間の宿へ向かいます。

 

_MG_7119

_MG_7129

途中のダムにて。この峠は走る人の聖地なのか、かなりいい車がみられます。

写真はWRX、音が良かった。。。。

 

_MG_7152

_MG_7157

ローヌの麓の町の観光案内所。かつて走っていた鉄道の模型などが展示されていました。すばらです。

 

 

_MG_7153

_MG_7162

晴れていて写真映えのする景色が見られます。2枚めはかの有名な?氷河の絵の再現。

詳しくは検索した画像で簡単に見られます。

 

_MG_7304

Oberwald行きのバス。麓からはこのバスで向かいます。無料WiFiが付いている貴重なネットの時間になります。

 

_MG_7174

_MG_7202

ローヌ氷河はベルベデーレというバス停でおります。というか、降ろされました(乗務員の昼休憩で・・・。いい国だ、水を飲んで騒ぎになるのとは大違い)

 

_MG_7183

かの登山メーカーで有名なマーモット

人馴れはしてるらしく、結構頻繁に見れます。

 

_MG_7316

_MG_7277

本命のローヌ氷河

50年経てばなくなるのかもしれないと言われている氷河です。

この日はアイゼンを履いて歩いて終了。翌日から実習なのですが、それを紹介してもしょうがないので氷河の写真とかを載せます。