旅と写真と時々日常

旅を始め、日常で見られた綺麗な写真を貼っていきます。旅行やアウトドア、カメラ道具の紹介もしていきます。

スイスアルプス氷河紀行:マッターホルンのお膝元(Zermatt, Gorner Glacier)

というわけでここからは完全に観光モードです。やったね(氷河という名前が全く意味なくなるけど、タイトル変えません)

 

 

 

_MG_7765

_MG_7768

_MG_7770

ティーヘンバッハからPost Busでアンデルマットに降りてきます。

文明っぽさになにげに感動してます。

 

_MG_7774

_MG_7778

氷河急行

赤と白の車体がすごくきれいです。後方の席をみんなで陣取っているので、かなりフリーにやれてます。

 

 

_MG_7793

_MG_7797

2016-09-04 15.24.41

_MG_8238

最後尾でやりたい放題。曇りだけどかなり景色が素晴らしいです。

 

_MG_7802

_MG_7803

かつて氷河が実際に見えていたからついたこの名前ももはや名残だけ。

まあ、あえて言うなら氷河がつくったこの地形を走っているので、あながち飾りではないと思っています。それにしても素晴らしい。

 

_MG_7819

_MG_7804

The 世界遺産のテーマ曲と狼と香辛料のOPを延々リピートしてますが、飽きません。というかこの記事書きながらも聞いてますが、逆に思い出が蘇っていい感じです。

こうゆったりと何もせずにビールを飲みながら移動だなんて贅沢ですね。あ、車内ではドイツの音楽、スイスの今昔の音楽が聞けますが、さっぱりわかりませんでした。

 

_MG_7841

_MG_7848

_MG_7859

勾配がきつくなるとラックレールが出てきます。勾配区間に入ると振動が来ますので、すぐにわかります。車内放送でもアナウンスがあったはず・・・・。

 

_MG_7862

つきました。天気は相変わらずですが・・・

 

_MG_7872

この日はレストランでご飯たべて就寝。

そろそろ集団行動にうんざりし始めてきた&眠かったのでさっさと退散して散歩して寝ます。

 

 

_MG_7889

翌日

トイレ等諸々で乗り遅れそうだったのでここまで写真なし。

急にゴルナーグラートまで登ってきています。

 

_MG_7891

私鉄の条件の一つに観測所を併設し、サイエンスへ貢献すること。

ここでもしっかりありました。

 

_MG_7887

ゴルナー氷河をトレッキングの予定が、この天気のせいで台無し。

あ、ここは複数の氷河の合流地点で、氷河の涵養と消耗の中間域です。

そんなことはどうでもいいから雨と風をなんとかしてほしい。さむい。

 

_MG_7899

ピザとコーヒー

標高に関わらず値段は変わらんので、贅沢に食べる。うまうま。

 

 

本来なら午後まであった実習が全部潰れました。

昼からはもう自由行動(という名前の放置プレイ)です。ここから私らしく自由にやりたい放題になってきます。短い時間で何をするのか、次回。