旅と写真と時々日常

旅を始め、日常で見られた綺麗な写真を貼っていきます。旅行やアウトドア、カメラ道具の紹介もしていきます。

スイスアルプス氷河紀行:こころがぴょんんぴょんします!(Colmar, Flance)

「スイスどこいった」

というツッコミすら感じるレベルの逸脱っぷり。

 

_MG_8275

_MG_8272

2016-09-06 13.39.35

電車に揺られながら申し訳程度の昼食。サンドイッチはキオスクで4フラン程度だったはずです。コーヒーは試供品。値段にさえ目を瞑れば割りといいかなって思ってます。

 

_MG_8276

_MG_8280

TGV Duplex

日本の新幹線以外では初めての高速鉄道。それを目的にして来たので乗らないことにははじまりません。

 

_MG_8278

_MG_8281

静かな車内だった記憶があります。スイスの鉄道も快適ですが、こちらは速度が違います。

 

_MG_8286

_MG_8292ミュルーズ駅

最初は「ミュルハウス」とかって読んでました、すみません。フランス鉄道博物館があるのもこの街です。歴史建造物もあるのですが、時間もないし、メインで観光という感じではないのですっ飛ばします。

ここにくるとドイツ語放送はなくなり、フランス語onlyに。まじで何言ってるか本当に聞き取れなかった。

 

_MG_8285

_MG_8300TGV Lyria

上の乗ってきたのと比べるとスリムな感じ。コレで短い時間ですが、目的地に向かいます。

 

_MG_8304

_MG_8306

_MG_8307

やってきました、コルマール

あのごちうさのモデルになった場所です。通じない人には通じないので「フランスとドイツの文化が入り混じり、今日まで残った文化を見に来た」ということにしてます。

 

_MG_8321

_MG_8346

_MG_8383

教会とかもスイスにはない感じです。修道女の方々がガチで見学してました。

 

_MG_8329

_MG_8326

_MG_8353

詳しい観光は他のHPを見てください(というか時間的に行けなかった)

花と建物がきれいな町です。街並みのきれいさではスイスにも劣りません。

(余談だけど、「コルマール 街並み」でぐぐったらヘンテコキュレーションが上部に出ます・・・)

 

_MG_8331

_MG_8372

_MG_8377

もうどこを撮っても絵になります。反則すぎやしませんか??

 

_MG_8352

 

_MG_8360

_MG_8386

ちょっと体力的に限界&洗濯物干し&人混みを避けるためにホテルに戻る。

2人用のベッドなので贅沢に使えました。ここで食べたサンドイッチがかなりおいしかったけど、スーパーで買ったのは人生で上位に入るまずさでした。レッドブルで流し込んだけど、辛かった。

 

_MG_8392

_MG_8407

さて、夜に散策開始です。人も少なく、治安もいい感じです。

 

_MG_8388

_MG_8408

_MG_8401

_MG_8409

ごちうさ聖地巡礼のマップをたよりにふらつきます。ごちうさ関係なく絵になります、

ラビットハウスの正確な場所は結局わからずじまいでした。どこだったんだろうか?

 

_MG_8430

_MG_8431

ラビットハウスらしき店。多分ここだと思うんだけど・・・・。

あ、早朝から散歩してます。

 

_MG_8444

_MG_8442

_MG_8434

2期EDの場所といえばわかるはずです。すがすがしい朝でした。こんな場所を毎朝散歩できる人は恵まれていますね。

 

_MG_8464

_MG_8432

ほとんど店もやっていないし、教会もほとんど空いてません。

 

_MG_8469

_MG_8473

 

適当にはいり、適当にかった朝食でしたが、本当においしかったです。

この日以降、好きなパン1位にクロワッサンがランクインしました。サクサクでおいしかったのに1ユーロ。日本なら倍はとられてる。

 

_MG_8476

_MG_8477

_MG_8478

泊まったホテルですが、こんな感じ。5000円程度でこの宿なら十分満足です。

 

 

_MG_8480

_MG_8488

朝早くにコルマールを出てチューリッヒに戻ります。短い時間でしたが、とても楽しめました。

 

_MG_8490

_MG_8491

TERと聞いて、ちょっと内装が悪いのかと思ってましたが、意外に良かったです。

 

_MG_8506

_MG_8513

_MG_8514

1時間程度でバーゼルに戻ってきました。1日しか離れていないのにドイツ語が懐かしいです。

 

_MG_8518

_MG_8522

特に検査をすることもなく、ホームを降りてスイスに再入国。シェンゲン協定は本当に便利です。

 

 

というわけで海外脱出はこれで終わり。スイスも残り僅かです。それでは。