写真紀行-日常ときどき旅行-

聖地巡礼や旅行の記録から日常の様々なことを書いています。

キズナアイ × AVIOTの完全ワイヤレスイヤホン「TE-D01d-kzn」が届きました

f:id:exceed-yukikaze:20190510112232j:image

キズナアイの音声を使用したモデルのイヤホンの第二弾が出ました。

ちょっと前にヘッドホンが来たばかりですが、元々購入予定だったし使い分けしているので、まあ良いっかなと。

 

キズナアイコラボモデル

AVIOTのワイヤレスモデルの音声は日本語です。通常は英語なので、ある意味新鮮ではあります。コラボモデルはその日本語がキズナアイ音声に変更されたり、彼女のイメージカラーのピンクと白に置き換わったりしています。

随分と前に購入したワイヤレスイヤホンもキズナアイとのコラボモデルでした。こちらは第一弾。

motsuhiro.hatenablog.com

 

 

今回は前回と異なり、一切のケーブルがない完全ワイヤレスになります。

もともと、「TE-D01d」というモデルがあったのですが、それを一新して出したのが今回のモデルになります。

 

開封

f:id:exceed-yukikaze:20190510111727j:imagef:id:exceed-yukikaze:20190510111824j:image

外箱です。外見がすごくいいのでこのまま取っておこうかと思います。

表はイラストで裏はvtuberの絵になってます。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190510112144j:image

箱を開くともう一体、キズナアイが出てきます。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190510112201j:image

付属品は写真と説明書になります。

今回のイヤーピースなどの交換品は黒ではなく茶色です。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190510113045j:image

ちなみに中身は清々しいほどのピンク。

イヤーピースを茶色に変えたところでどうにでもなる訳ではないですし、入れた時に変なのでおとなしくピンクのままにしています。

 

さて、はじめての完全ワイヤレスですが、思ってる以上に快適です。コードの擦れる感覚などもないので、動くのには最適です。

一方で操作性は格段に落ちており、音量の調整や進む戻るなどは期待しないほうがいいです。

 

持ち運びには充電器ごと持ってく必要があるので、軽量性でも前回のモデルの方が上です。ランニングなど運動時には今回のモデルの方が使い勝手がいいです。

 

音声の味気ない起動音も聴いてて楽しくなれるので、コラボモデルは結構気に入ってますし、運動するときにケーブルを気にしなくていいのは本当に楽です。ただし、最大のデメリットがそのお値段。前モデルの2倍ほどになってます…。